このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています

50代ウォーカーにおすすめ!スマートウォッチAmazfit GTR Mini を徹底レビュー!

ウォーキングでスマートウォッチを使いたいから購入を考えているけど、安価なモデルは性能的に不安だな。かといってハイグレードモデルは高額だし…

かわいくて、機能性の高いスマートウォッチを探してるんだけど、なかなかイイ感じのモデルがみつからないのよね… 

今回はそんな初心者50代ウォーカーにおすすめなスマートウォッチAmazfit GTR Mini を紹介します。

「リアルタイムで心拍数を知りたい」「毎日のウォーキングを記録しておきたい」

そんな効果的なウォーキングに挑戦したい50代ウォーカーに「機能よし・精度よし・コスパよし」のAmazfit GTR Miniは最適なスマートウォッチです。

この記事を読めばAmazfit GTR Miniのメリット・デメリットがわかります。

というわけで、さっそくAmazfit GTR Miniの解説&レビューいってみましょう!

結論 Amazfit GTR Miniは50代ウォーカーにもおススメできるスマートウォッチ

50代ウォーカーで初めてスマートウォッチを試したみたい方なら、Amazfit GTR Miniはおすすめできるガジェットです。

上位グレードモデルと同じOS(Zepp OS 2.0)を採用しており、高性能で搭載機能も充実しているのにもかかわらず、コストパフォーマンスにも優れています。

ハイグレードなオーバースペックは求めないものの、ウォーキングでの心拍数の精度や、使い勝手の良いシンプルさを重視したい!

そんな方は以下記事を参考にAmazfit GTR Miniを検討してみてください。

初心者50代ウォーカーにAmazfit GTR Miniをおススメする理由4選

50代ウォーカーにAmazfit GTR Miniをおススメできる理由4選は以下。

Amazfit GTR Miniをおススメする理由4選

・高精度な生体情報確認で搭載機能も多彩。
・上位グレードと比較しても遜色のない高機能でコスパが良い。
・ラウンド型デザインはシンプルで、ビジネスでも普段使いでもok。
・睡眠時の状態を数値で確認でき、軽量で装着時の違和感も少ない。

・高精度な生体情報確認で搭載機能も多彩。

安価なスマートウォッチは生体情報の精度が低いという評価の物も…。

生体情報の精度が高いと評判のAmazfitは、そういった点で安心感があります。

Amazfit公式オンラインストア→Amazfitを選ぶ理由

私はいわゆるスポーツ心臓と言われる心拍数が遅いタイプ(安静時1分間に45~55)なのですが、Amazfit GTR Miniの数値を確認してみると…ちゃんと計測されていますね。

搭載機能も多彩で、心拍数以外にもストレス度合・血中酸素などもリアルタイムで確認できます。

Amazfit GTR Miniの主な搭載機能

〇 ヘルス機能
・24時間モニタリング(心拍数/血中酸素レベル/ストレスレベル)
・睡眠の質のモニタリング
・Amazfit独自のPAI数値での健康評価システム
・生理周期トラッキング

〇 スポーツ機能
・120のスポーツモード(リアルタイムでトラッキング&分析)
・7つのスポーツをスマート認識
・高度なランニングサポート
・ワークアウトステータス
(Vo2Max<最大酸素摂取量>、完全回復時間、トレーニングの負荷・効果など)

・上位グレードと比較しても遜色のない高機能でコスパが良い。

50代初心者ウォーカーが最初に使用するスマートウォッチとしてAmazfit GTR Miniは、機能的にもコスパ的にも、ちょうど良い選択肢。

上位グレードにはAmazfit GTR 4などもあり、ハイエンドな外観でGPS機能はGTR Miniよりも精度が高いため登山やトレッキングなどでは優位性があります。

ですが、OSはどちらも「Zepp OS 2.0.」を採用しており、性能的には遜色ない仕様です。

Amazfit GTR4の参考価格は¥31,900
Amazfit GTR Miniの参考価格は¥19,800

デザイン性と高精度なGPSを求めるならAmazfit GTR4をおすすめしますが、50代初心者ウォーカーで、初めてスマートウォッチを使用してみる方にはオーバースペック感も…

まずは十分な精度で身体機能を計測でき、コストパフォーマンスにも優れたAmazfit GTR Miniを使用してみて、スマートウォッチの有益性を試してみるのが良いですね。

Amazfit GTR Mini x Amazfit GTR4 比較表
Amazfit GTR MiniAmazfit GTR4
OSZepp OS 2.0Zepp OS 2.0
本体サイズ42.8 x 42.8 x 9.2 mm46 x 46 x 10.6 mm
重量36.2g60g
ディスプレイサイズ       1.28インチ1.43インチ
防水性能5ATM5ATM
バッテリー容量280mAh300mAh
連続使用日数14日14日
GPS5衛星測位システムデュアルバンド
6 衛星測位システム
参考価格¥19,800¥31,900

・ラウンド型デザインはシンプルで、ビジネスでも普段使いでもok。

シンプルなラウンド型デザインはビジネスでも普段使いでもOKです。

あらゆるシーンで違和感なく使用できるAmazfit GTR Miniは、ユニセックス仕様でアラフィフ世代にも使い勝手のよいスマートウォッチとして重宝します。

また強化フィルムとバンドの付け替え&フェイス画面の切り替えで、自分好みにカスタマイズもできちゃいます。

強化フィルムとバンドの付け替えで、簡単にレディース仕様にも。

・睡眠時の状態を数値で確認でき、軽量で装着時の違和感も少ない。

睡眠時の状態を確認できるのAmazfit GTR Miniは、良好な睡眠をとれているか気になるアラフィフ世代にはおすすめです。

睡眠状態の時間(深い・浅い眠り)を確認でき、睡眠スコアで眠りの質を数値化してくれるので、眠っても疲れが取れにくいと感じるアラフィフ世代に、このデータは改善の参考となりそうです。

軽量モデルのGTR Miniなら睡眠時の装着も、それほど違和感がありません。

Amazfit GTR Miniのイマイチな理由2選

死角の見当たらないAmazfit GTR Miniですが…欲を言えばという観点からデメリット2点をあげておきます。

Amazfit GTR Miniのイマイチな理由2選

・医療機器ではないので、数値はあくまで参考レベル。
・シンプルなデザイン性は…悪く言えば個性がない。

・医療機器ではないので、数値はあくまで参考レベル。

Amazfit GTR Miniは医療機器ではありません。生体情報の取得技術やOSの精度は向上著しいですが、数値はあくまで参考レベルと考えるべきでしょう。

ですが厚生労働省は医療機器として「アップルウォッチ」に搭載されたアプリを認定しており、将来的にはAmazfitを含むアンドロイド製のスマートウォッチも認定されていく可能性はありますね。

参考記事はコチラ
アップルウオッチ、医療機器に 心電計アプリ – 日本経済新聞 (nikkei.com)

・シンプルなデザイン性は…悪く言えば個性がない。

誰でも、どんなシーンでも使用でき使い勝手が良いと前述しましたが、逆に言えば個性的とは言えず、デザイン性は他のモデルと比較すると面白味には欠けています。

ハイグレードで重厚感があり、アクティビティなモデルが好みの男性ならAmazfit T-Rex 2 GPSがおすすめ。

エレガント感のあるスクエア型モニターが好みの女性は、同グレードのAmazfit GTS 4 Mini がおススメです。

Amazfit GTR Miniを使用してウォーキングを実践してみた!

購入したAmazfit GTR Miniを使用して、早速ウォーキングを実践してみました。

Amazfit GTR Miniを実際に使用してみた!

・購入したAmazfit GTR Miniと付属パーツを開封。
・Amazfit GTR MiniとZEPPアプリを同期。
・Amazfit GTR Miniを使ってウォーキング実践!

・購入したAmazfit GTR Miniと付属パーツを開封。

今回購入したのは以下3点。
・Amazfit GTR Mini 本体
・強化ガラス(ガラスフィルム)<ブラック・ピンク>
・交換用ベルト<ピンク>

ピンクカラーの強化フィルムと交換用ベルトは、妻用にレディース仕様できるようにと購入しました。

Amazfit GTR Mini開封してみると、中身は『本体・充電器・説明書(英文)』の3点のシンプルな内容。

約40mmのラウンド型モニターは大きすぎず小さすぎずでちょうどいいサイズ感。

ベルトはゴム製ですが安っぽい感じはなく、水洗いもできますね。

前述したように、強化フィルムとベルトの付け替えで外観をカスタマイズできます。

ベルトは裏の金具を引きながら外せることができるので、簡単にカスタマイズ可能です。

・Amazfit GTR MiniとZEPPアプリを同期。

Amazfit GTR MiniとスマートフォンのZEPPアプリを同期させていきます。

まずは充電をします。本体裏と充電器が磁力でピタッとくっつので、その状態で2時間程待てばフル充電完了です。

説明書は英文なので日本語しか読めない私には無用の長物…。というわけで、ネットで設定方法を検索しました。

Amazfit GTR Mini ユーザーマニュアル→AmazfitGTRMini__20230612_km.pdf (shopify.com)

最初にスマートフォンへZEPPアプリをインストールしてアカウントをつくりましょう

googleアカウントがあればすぐにアカウントをつくれます。

名前・性別・生年月日・身長・体重を入力ペアリングするデバイスを腕時計に選択QRコード読み取カメラ画面になります。

次にAmazfit GTR Mini(スマートウォッチ)側を起動(右上の物理ボタンを押す)して、言語を日本語に設定します。

QRコードが表示されるので、それを先程のスマホのZEPPアプリのQRコード読み取カメラ画面で読み取ります。

※引用画像 Amazfit GTR Mini ユーザーマニュアル

両画面の指示に従うと同期を開始し始めるので、しばらくスマートフォンとスマートウォッチを近づけておくと…同期(ペアリング)が完了しました。※(bluetoothをオンにすることを忘れずにしましょう)

・Amazfit GTR Miniを使ってウォーキング実践!

さっそくAmazfit GTR Miniを装着してウォーキング実践へ。

ウォーキングモードを開始して歩いていきましょう!

・スマートフォンのZEPPアプリでのウォーキングモード起動方法

ZEPPアプリでのウォーキングモードの開始させ方は以下。

ZEPPアプリを開いて画面下の「運動」をタップ→次画面で指先で少し上へスライドさせ「ウォーキング」をタップ「START」をタップすればウォーキングモードの開始です。

ウォーキング後の経路、消費カロリー、平均心拍数、平均速度を確認できます。

Amazfit GTR Miniでのウォーキングモード起動方法

Amazfit GTR Miniでウォーキングモードの開始のさせ方は以下。

右上の「物理ボタン」①を押しクラシックメニューの「運動」②をタップ→「ウォーキング」③をタップ→次画面を指先で上にスライドします。

画面上部の「GO」④をタップ。しばらくすると計測が始まります。

終了する場合は「物理ボタン」⑤を押し「終了」⑥をタップすればOKです。

ペアリングによる同期で両方のデバイスに情報を共有できます。

※ちなみにAmazfit GTR Miniのクラッシックモードから、
「設定」→「運動」→「運動検出」→「カテゴリ」→「ウォーキング」
の設定をすれば、一定時間のウォーキングで自動的にウォーキングモードを開始してくれます。

・いざウォーキングスタート!歩き始めて数分経過すると…

心拍数66の状態からウォーキングをスタートしていきます!

とりあえず歩き始めて約6分経過。写真を撮ったりしてモタモタしてるので、500M程しか歩けていません…。

心拍数は僅かに上昇して95となっています。

・坂道の速歩と階段の駆けあがりで心拍数をあげてみる

心拍数を上げるために、200M程の坂道を速歩で歩いてみました。

速歩前の心拍数は75。坂をのぼり終わると心拍数は135まで上昇しました。

有酸素の表示も出ているので、ちょうどよいぐらいの運動負荷だったようです

再びゆっくり歩いて心拍数を落ち着かせたあと、今度は公園内の階段を駆け上がってみました。

息が上がってメチャメチャしんどい!

心拍数は147!表示は無酸素。ちょっとやり過ぎましたかね。

こんな感じでゆっくり歩きと速歩を繰り返しながら歩いていきます。

・4km通過の表示

1km歩くたびにバイブが振動して知らせてくれます。

こういうのって意外と歩くモチベーションアップになりますね。キリのいいところまで歩きたくなっちゃいます。

・ウォーキング終了後、ZEPPアプリで数値を確認

最後は速歩で帰着。Amazfit GTR Miniの数値は心拍数114でウォーキング終了です。

ZEPPアプリのウォーキングを停止ボタンの長押しで終了させ。数値を確認してみます。

歩行距離 6.24km
歩行時間 1時間17分26秒
平均速度 4.84km/h
平均心拍数 101
消費カロリー 462カロリー
最大心拍数 150

という結果になりました。

ウォーキング終了後のZEPPアプリを活用すれば、当日のウォーキング効果の確認や、次回のウォーキングの参考にもできます。

おすすめの設定4選。

Amazfit GTR Miniを購入したら、まずは設定しておきたい4選を紹介します。

おすすめの設定4選

・ヘキサゴンスタイルからクラッシックスタイルへ変更。
・ダイヤルショップで文字盤を変更する。
・line・メールの通知設定をする。
・ポートレート写真をウォッチフェイスに。

・ヘキサゴンスタイルからクラッシックスタイルへ変更する。

メニュー画面をヘキサゴンスタイルからクラシックスタイルへ変更しましょう。

       

    

ヘキサゴンスタイルだとメニュー表記がないので、メニュー表記のあるクラシックスタイルへ変更した方が分かりやすいです。

Amazfit GTR Miniのフェイス画面が出ているときに右上部の「物理ボタン」①を押すとヘキサゴンスタイルのメニュー画面がでます。(最初に設定されている)

指先で画面を上にスライドさせると「歯車」②の設定があるので、これをタップします。

再び指先で上に画面をスライドさせ「個人設定」③をタップ。

もう一度指先で上に画面をスライドさせ「リストスタイル」④をタップ。

ヘキサゴンの設定画面を左に画面をスライドさせるとクラシックスタイルの設定画面となるので、これをタップすれば設定は完了です。

・ダイヤルショップで文字盤を変更する。

Amazfit GTR Miniに最初に設定されているフェイス画面はアナログ式時計の3種類のみ。

他のフェイス画面にしたい場合はスマートフォンのZEPPアプリからダウンロードします。

ZEPPアプリを開いて、右下の「プロフィール」①をタップ→マイデバイスの下にある「Amazfit GTR Mini」②をタップ→「ダイヤルショップ」③をタップします

色々な種類のフェイス画面が選択できるので、「気に入った文字盤」④をタップ。

画面下の「同期」⑤をタップしてスマートフォンとスマートウォッチをしばらく近付けておけば、同期は完了です。 

フェイス画面が変更されました。※(bluetoothをオンにすることを忘れずに)

別のフェイス画面に変更したい場合はAmazfit GTR Miniのフェイス画面を長押し。

指先で画面を左右にスライドさせて、変更したいフェイス画面をタップすればOKです。

・LINE・メールの通知設定をする。

仕事中にスマートフォンを操作できない方は、スマートウォッチへのLINE・メールの通知設定をしておくと便利です。

ZEPPアプリを開いて、右下の「プロフィール」①をタップ→マイデバイスの下にある「Amazfit GTR Mini」②をタップ→「通知とリマインダー」③をタップします。

「アプリ通知」④をタップし、「アプリ通知」⑤をオンにします。

※ZEPPがバックグラウンドで実行されていることを確認してくださいと出た場合は「設定に移動」をタップ→「バックグラウンドに実行権限設定」をタップして、ZEPPアプリをオンにして下さい。(オンにしたらバックボタンで戻りましょう)

「通知してほしいアプリ」⑦をオンにします。(私の場合はLINEとY!メール)

これで設定は完了です(バックボタンで戻る)。

bluetoothをオンにしてZEPPアプリを開いた状態のスマートフォンを、Amazfit GTR Miniに近づけ同期が完了すれば、スマートウォッチに通知されるようになります。

届いたLINEに定型文で返信することもできます。

・ポートレート写真をウォッチフェイスに。

ポートレートの文字盤設定で自身の写真をフェイス画面に設定できます。

先程と同じように、ZEPPアプリを開いて、右下の「プロフィール」①をタップ→マイデバイスの下にある「Amazfit GTR Mini」②をタップ→「ダイヤルショップ」③をタップ。

上の方へスライドさせると「ポートレート文字盤」が出てくるので、「今すぐ使う」④をタップ。

「デジタル時計のスタイル」⑤を選択したら、「ポートレート写真下の+」⑥をタップ

「フェイス画面にしたい写真」⑦を選択後 →右上「確認済み」⑧をタップ。

「デジタル時計のレイアウト」⑨を選択したら、画像の位置を調整して「選択」⑩をタップ。

「同期」⑪をタップしてAmazfit GTR Miniとスマートフォンを近づけてペアリングさせれば、ポートレート写真はフェイス画面に反映されます。※(bluetoothをオンにすることを忘れずに)

フェイス画面にポートレート写真を設定できました。

まとめ

今回は50代ウォーカー向けのスマートウォッチとして「Amazfit GTR Mini」を紹介しました。

まったり歩きのウォーキングから、効果的なウォーキングへシフトチェンジしたいと考えている方に、スマートウォッチは昨今の必須ガジェットとなりつつあります。

「Amazfit GTR Mini」は、スマートウォッチを試したみたいと考える50代ウォーカーには『機能・精度・コスパ』の観点から考えて、上位の選択肢に入るアイテムです。

特にダイエット・健康維持など目的意識があるシニア世代は、運動負荷を測るために、リアルタイムの心拍数の確認は重要。

スポーツ専門家の最新の研究でも、スマートウォッチの有用性が語られています。

参考書籍はこちら!

人生100年時代をいつまでも歩きたい!と考えるアラフィフウォーカーは…

「Amazfit GTR Mini」でワンランク上のウォーキングを実践して行きましょう!

今回はここまでです。

「Amazfit GTR Mini」でウォーキングを実践してみた方は、感想・コメントを下さいね。

最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA