このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています

265株保有中の『積水ハウス(株)<1928>』から配当金キター! 気になる期末配当金総額は…?

積水ハウスから4月26日に配当金が入金されましたー!

多くの企業が12月・3月の本決算のなか、積水ハウスは1月の本決算

配当金の入金は3ヶ月後の4月ということで…
他企業とは違うタイミングで入金されるのが、ちょっとウレシイです

アラフィフ家は夫婦で保有しており、現在は合計265株保有中

昨年からコツコツ買付しており、今回が初の配当金の入金ということで

テンション高めで配当金を晒していきます (^^)!

◎ 「積水ハウス」からの配当金総額

積水ハウスの2023年1月期の年間配当金は110円。内訳は以下

年間配当金中間配当金(7月末日権利確定)期末配当金(1月末日権利確定)
110円52円58円

今回は2023年1月末日に権利確定した期末配当金が入金!

アラフィフ父は115株保有でしたので
(期末配当金)58円 x 115株 = 6,670円

アラフィフ妻は150株保有でしたので
(期末配当金)58円 x 150株 = 8,700円

合計金額は…
6,670円 + 8,700円 = 15,370円

という結果に !(^^)!

が!…

この金額…すべて貰えるわけではありません… 

以下の税金が徴収されます (T_T)
※ 20.315%(所得税・復興特別所得税15.315%、住民税5%)

というわけで、税金を徴収された結果…
15,370円  x  (100%-20.315%) = 12,247円

が、アラフィフ家の手取りの配当金総額となりました

◎ 「積水ハウス」の配当金推移

「積水ハウス」の1株配当金と配当性向の推移は以下

※出典 IR BANK.
※出典 IR BANK.

配当金はキレイな右肩上がり、配当性向も40%台に抑えており…

業績と配当金が連動した、まさに理想的な株主還元!

2024年1月期も年間配当110円→118円の増配を発表しております

年間配当金(予)中間配当金(7月末日権利確定)期末配当金(1月末日権利確定)
118円59円59円

◎ アラフィフ父の今後の買付検討は?

アラフィフ父は2022年末までにコツコツと買付し、買付単価は1株2,394円

「積水ハウス」の直近の株価は年初来高値更新中で、アラフィフ父の含み益も上昇中

※ 参照画像 yahoo!ファイナンス (2023.4.28.現在)

「積水ハウス」の業績好調の波にのって、撒いた種が開花しております

「積水ハウス」は2023~2025年度の第6次中期経営計画で以下の内容を発表

・収益計画
各年度の最高益・最終年度の営業利益3,000億円超を目指す

・財務戦略
ROE(自己資本利益率)を安定的に11%以上に
(※ROEとは「企業がどれぐらい効率良くお金を稼いでいるか」を示す財務指標。10%以上であれば優良企業といわれる)

※出典  ©SEKISUI HOUSE, LTD. 

・株主還元
中期的な平均配当性向を40%以上とする方針に加え、1株あたりの年間配当金の下限を110円に設定する

※出典  ©SEKISUI HOUSE, LTD.

2025年までの年間配当金を、最低でも110円以上は還元すると発表してくれております

株探プレミアム

「積水ハウス」の第6次中期経営計画の事業方針と戦略は…

国内事業として
・請負型ビジネスの「戸建住宅」・「賃貸、事業用建物」の建築など
・ストック型ビジネスの「賃貸住宅管理」・「リフォーム」など
・開発型ビジネスの「都市・地方開発」など

国際事業として
・開発事業中心型から開発・戸建住宅の2本柱の事業展開へ
・アメリカ、オーストラリアを中心とした、積極的な成長戦略を継続

国内の「安定成長」、海外の「積極的成長」を基本方針としています

財務の方は右肩上がりに資産を増大
現在の配当利回り約4.2%。今後の増配を見込むのであれば…

年初来高値更新中の現在でも…買付検討余地は充分あり?

アラフィフ父も買増し検討したいところ…です (ーー;)

◎ まとめ

「積水ハウス」からアラフィフ家への期末配当金の入金総額は…
¥15,370(税引前)
¥12,247(税引後手取額)

半年に1回の入金なので6ヶ月で割った月額は…
¥2,561/月(税引前)
¥2,041/月(税引後手取額)

となりました~ ( ^^) _旦~~
サブスクのYOUTUBEプレミアムとAmazonプライム払ってもお釣りがきます

ちなみにこの配当金…
2024年から始まる『新NISA』の枠で買付すれば非課税(税金がかからない)

日本株の配当金なら税率0%!
今回の「積水ハウス」の配当金も『新NISA』の枠なら…
”¥15,370”すべて、いただけたというわけですな

日本政府的には老後年金はこれから厳しくなる一方だから…
この『新NISA』制度で投資して、自分達でも不労所得つくってね♡(テヘッ!)
ってことなんでしょうけどね…   (ーー;)

※出典 金融庁

何はともあれ、非課税となる『新NISA』利用しない手はない!ということで…

まだ証券口座を開設していない方は…

2024年の『新NISA』向けて、証券口座を開設しましょう!

おすすめは「マネックス証券」、または「SBI証券」のネット証券口座開設です

1株単位から買付が可能で、少額からでもスタートでき、しかもマイナンバーカードや運転免許証を持っていれば、スマホから簡単に口座開設できますよ

キャンペーンなども随時開催中なので、下記のバナーから詳細をチェックしてみてくださいね

マネックス証券 SBI証券

今回はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました!
(※上記記事は個人の見解です。利益・情報の正確性を保証するものではありません。株式投資は自己責任でお願い致します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA