このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています

1月権利確定銘柄 積水ハウス(株)<1928> スバル興業(株)<9632> 日本高配当株

2023年の大発会。相場の格言では”跳ねる”といわれるうさぎ年でしたが…

今年は大幅下落から始まりましたね

昨年末に12月末権利確定銘柄を焦って買付してしまったアラフィフ親父です(T_T)

日本企業の決算は6月、12月または3月、9月が大半ですが

1月、7月を決算(権利確定)時期にしている企業もちらほらと…

というわけで、性懲りもなく年始早々に買付!

今回は1月末権利確定の購入&購入検討中の高配当銘柄を紹介していきますよ

◎ 積水ハウス(株)<1928>

1月権利確定ということで購入した高配当銘柄

〇 企業情報

・ハウスメーカー大手。戸建て、賃貸住宅、マンション等の建設

・住宅リフォーム、賃貸住宅経営サポートなどのストック型ビジネス

・都市開発、マンション、分譲住宅などの開発型事業展開

・アメリカ、オーストラリアをはじめとする5か国での海外事業にも注力

・配当利回り 4.36%

・1株配当 104円

・PER(株価収益率) 9.17倍

・EPS(1株純利益)260.22円

・株価 2,385

(2023.1.11.現在)

・自己資本比率 52.6%

(※IR BANK 参照)

〇 株主優待

1,000株以上保有 魚沼産コシヒカリ(新米)5kgs

(権利確定 1月末日)

マネックス証券 株主優待

〇 購入理由

・売上高・総資産・純資産は右肩上がり

・営業利益、EPS(1株純利益)も2019、2021は下げたものの、ほぼ右肩上がり

・自己資本比率50%以上。配当性向40%前後を推移しており安定財務

・米国を中心とした海外事業が好調

・昨年12月の日銀の利上げ発表前後に2,300円台後半で100株(単元)購入

・年明け後、株価がさらに下落したため、ナンピンで15株購入した

・国内外で住宅需要が見込まれる建設セクターは株価が下がれば今後も購入予定

〇 購入株数(2023.1月)

購入株数 15株    購入価格 ¥34,807  

〇 現在の総保有株数と評価損益

総保有株数 115株  購入価格 ¥275,310

評価損益 マイナス¥1,035 (2023.1.11.現在)

 

◎ スバル興業(株)<9632>

1月権利確定で購入を検討している高配当銘柄

自動車業界ののSUBARU(株)<7270>ではありません (^^;)

〇 企業情報

・1946年設立 道路及び道路附帯設備の維持、清掃、補修が主力事業

・高速道路PAの飲食店・売店をメインにレジャー事業も展開

・関西圏で太陽光発電事業、損害保険業(東京海上日動代理店)なども

・阪急・阪神東宝グループ

・第一株主は東宝株式会社。50%以上を保有(2022.7月現在)

・配当利回り 4.06%

・1株配当 380円

・PER(株価収益率) 7.64倍

・EPS(1株純利益)1224.93円

・株価 9,360

(2023.1.11.現在)

・自己資本比率 83.8%

(※IR BANK 参照)

〇 株主優待

100株以上 TOHOシネマズギフトカード 

3年未満保有 2,000円相当

3年以上保有 3,000円相当

(権利確定 1月末日)

〇 購入検討理由

・売上、営業利益ともにきれいな右肩上がり

・PER 7.5倍と割安。 直近3年はEPSも1,000円以上

・自己資本比率も直近10年間は80%以上

・道路整備は社会基盤インフラ事業なので需要が無くなる可能性は低い

・年始から株価200円程下げて現在の株価9,300円あたり

・株価が高いので権利確定前までに100株(単元)購入は難しい

・株価が下がるようなら、1株(S株)単位でコツコツと長期視点で購入したい

SBI証券

◎ まとめ

大手ハウスメーカーで、昨年9月には増配も発表した 積水ハウス(株)

SNS界隈で発信しているインフルエンサーの方々も多く、人気のある高配当銘柄

日銀の利上げ発表で固定金利が上がること、

少子化で20年後のハウスメーカー需要はどうなるのか? などの不安点もあるが

”日本人の住宅需要はすぐには無くならないのでは?”という希望的観測と

積極的に海外進出に出ている点を考慮して購入した

さとふる

そして安定した道路整備事業を中心に多角的な企業展開をしているスバル興業(株)

売上、営業利益も右肩上がりで好財務(自己資本比率も80%超)

インフラ事業がメインなので今後も安定的な収益は継続されそう

唯一の懸念点は、配当金をベースの普通配当+特別配当としていること

現在の1株配当は380円。 利回り4%を超えているが

普通配当200円 + 特別配当180円 = 380円

となっており、業績不振で特別配当が支払われなくなると

利回りは大きく下がってしまう可能性はあり

今後も特別配当が継続されると考えるなら、充分に購入の検討余地がある銘柄

現在の株価約9,000円と高く、単元(100株)購入が難しいと考える方は

1株づつコツコツ買付できるSBI証券やマネックス証券での証券口座開設がお薦めです

SBI証券
マネックス証券

積水ハウス(株)<1928> と スバル興業(株)<9632>

どちらの銘柄も長期保有するには財務健全で優良企業と考えます

ですが投資に絶対はありませんので最終判断は御自身でお願い致します

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA