このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています

配当性向100%!? 『(株)パイオラックス<5988>』株主優待もある自動車部品トップメーカーの買付検討は?

配当性向とは…
「当期純利益に占める年間の配当金の割合を示す指標」

要約すると…
「今年一年で稼いだ利益のうち、どれだけ株主に分配するか」ちゅうことですな

この配当性向の指標は30~40%が目安と言われている中…

「ウチは利益の100%。全て株主様に還元しまっせ!」
と気合の入った企業様が、今回紹介するコチラ!

『(株)パイオラックス<5988>』 です

利益をすべて株主にあげちゃう企業様の株式の長期保有はありなのかい!?

アラフィフ父も気になったので調べてみました~ (^^;)

◎ 結論・アラフィフ父の買付検討余地は?

『(株)パイオラックス』は”精密ばねを主軸とした自動車部品”と”工業用ファスナー(締め付け部品)”の製造販売がメイン事業

部品サプライヤーとして国内トップシェア。他セグメントに医療関連部品事業も

(駆動系部品) ※出典 © PIOLAX, INC.
(ファスナー部品)※出典 © PIOLAX, INC.

2022年5月に配当方針の変更を発表!

「自己資本の積み増し抑制とグループキャッシャマネジメント(資金集中管理)の徹底により配当性向100%を目標に配当を実施」とのことで

「そんな思い切ったことする企業があるのか!」と感心していたアラフィフ父でしたが、

よくみると前置きに「2023年3月期から2025年3月期までの3期間は、」の記述が…

というわけで、残念ながら配当性向100%は3年間の期限付き

『配当性向100%』の言葉に踊らされた、アラフィフ父の気持ちを返して欲しいっす

そして追い打ちをかける、残念お知らせが…

この時点で2023年3月期の配当金を年間50円→127円へ増配と発表していましたが、

2022年11月発表の2023年3月期連結業績予想の下方修正で127円→97円への減配を発表

ん~、『配当性向100%』の光に暗雲の影が… (-_-;)

※出典 © PIOLAX, INC.  

ですが、財務の方は自己資本比率80%越え、2022年3月期の有利子負債ゼロ、純資産も右肩上がりと超が付くほどの健全さ!

さすが「自己資本を積み増しを抑制する」と豪語するだけの企業です

業績の方は、コロナ影響後の不振からなかなか脱却できておらず、今後の自動車業界の景気動向次第?といったところでしょうかね

アラフィフ父の見解は…

”企業評価の底上げ”や”株価の上昇”などの思惑はあるとは思いますが…

「パイオラックス」の潤沢な剰余金を株主に還元していく姿勢は評価できます
(株主優待でクオカードやカタログギフトまでいただけますしね)

ですが、2023年3月期の連結業績予想は、営業利益、経常利益ともに前年同期比でマイナス予想と、業績回復の兆しはまだ遠いという感じ

配当性向100%は「EPS(一株純利益)=配当金」という計算式なので

今回の127円→97円への減配の様に、業績次第で配当が大きく下落する可能性もあり

この先10年以上保有して安定的配当金を得る銘柄としては懸念材料…

というわけで長期保有方針のアラフィフ父の評価点は以下

財務の健全性☆☆☆☆☆ (評価点 5点)
直近の業績☆☆★★★ (評価点 2点)
業績の成長性☆☆★★★ (評価点 2点)
業績の安定性☆☆☆★★ (評価点 3点)
株主還元☆☆☆☆★ (評価点 4点)
アラフィフ父的買付検討☆☆☆★★ (評価点 3点)

株主優待の魅力に負け、買付検討の評価点を☆2点から☆3点に上げました…
(^^;)

(※参照資料 © PIOLAX, INC.)

◎ (株)パイオラックス<5988>

〇 株価・他情報

・株価・他情報(2023.4.25.現在)

株価配当利回り1株配当(年間)EPS(1株利益)
1,9764.91%97円96.94円
PER(株価収益率)PBR(株価純資産倍率)配当権利確定月
20.38倍0.65倍3月末、9月末

・自己資本比率・有利子負債比率(2022年3月期時点)

自己資本比率有利子負債比率
88.4%0%
※出典 IR BANK
※出典 IR BANK

・株価チャート(2023.4.25.現在)

(株)パイオラックス<5988> 10年チャート

※出典 yahoo!ファイナンス

・株主優待 

100株以上1年以上継続保有 クオカード500円分
3年以上継続保有 クオカード1,000円分
300株以上1年以上継続保有 カタログギフト3,000円相当
3年以上継続保有 カタログギフト3,000円相当+クオカード2,000円分
1,000株以上1年以上継続保有 カタログギフト5,000円相当
3年以上継続保有 カタログギフト5,000円相当+クオカード2,000円分

(※参照資料 yahoo!ファイナンス・IR BANK)

〇 企業分析

神奈川県横浜市西区に本社を置く、金属製品メーカー

自動車用部品の精密ばねを主軸に、ファスナー(締結機)など多種な部品を製造

アメリカ・インド・中国など世界8ヶ国に連結子会社拠点
自動車部品関連事業でグローバル展開

他セグメントとして医療器具(スパイラルカテーテルなど)や生活、セキュリティ関連製品の製造も

(スパイラルカテーテル)※出典 © PIOLAX, INC.
(現金用封印具)※出典 © PIOLAX, INC.

2022~2024年度の中期経営計画を

・自動車関連事業で
2024年度の売上計画を720億円を前提とし、営業利益97億円を想定
売り上げ確保による限界利益の増、及び合理化により中期経営計画の営業利益は確保可能と見込む

・医療機器事業で
部品調達リスクによる製品供給不安、自社製品・輸入商品の自主回収実施による下方修正も、新商品導入のスピードアップにより、早期収益回復を目指す

としています

2023年3月期通期(2022年4/1~2023年3/31)の連結業績予想を
売上高  605.0億円 前年同期比 9.7%増
営業利益 43.0億円   前年同期比 17.6%減
経常利益 53.0億円   前年同期比 8.3%減
増収減益を予想

PER(株価収益率)は20.35倍。PBR(株価純資産倍率)は0.65倍と割安です

自己資本比率88.4%、有利子負債比率0%。純資産・利益剰余金も右肩上がりで財務は健全

前述の通り、株主還元方針を
2022年度から2024年度の3期間は配当性向を100%とし、積極的な株主還元を実施いたします」としており、株主優待も充実。株主還元の強い姿勢を打ち出しています

(※参照資料 kabutan・IR BANK・© PIOLAX, INC.)

◎ まとめ

企業が配当性向100%にするメリットはデメリットは…

メリット
・投資家の需要をひきつけ、株価上昇を狙う
・企業価値の向上
・株主との良好な関係の継続

デメリット
・事業拡大などの投資資金を確保できなくなる
・成長性を重視する投資家に敬遠される
・安定的な収益を持続できなければ配当を維持できない

といったところですかね

パイオラックスの財務体質は健全で、株主還元も積極的
栃木県真岡へ次世代型工場建設のインフラ設備投資も行っています

こうしたことを踏まえると、パイオラックスの配当性向100%の方針は、一時的な過剰した剰余金の還元とみるのが妥当と思われ…

目先の「配当性向」と「配当利回り」を追っての買付は微妙…

ですが、今後も『パイオラックス』の株主還元方針には要注目ですね

高配当株や株主優待に興味がある方は…

まずは「マネックス証券」、または「SBI証券」のネット証券口座開設をおすすめします!

1株単位から買付が可能で、少額からでもスタートでき、しかもマイナンバーカードや運転免許証を持っていれば、スマホから簡単に口座開設できますよ

キャンペーンなども随時開催中なので、下記のバナーから詳細をチェックしてみてくださいね

マネックス証券 SBI証券

今回はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました
(※上記記事は個人の見解です。利益・情報の正確性を保証するものではありません。株式投資は自己責任でお願い致します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA