このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています

配当利回り約4%!「NCS&A(株)<9709>」老舗ITサービス事業の銘柄検討&分析してみた

アラフィフ父
アラフィフ父

今回紹介する企業様は「NCS&A(株)<9709>」

(以下、「NCS&A」) だよ。

恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

「NCS&A」の主軸事業は企業向けのソフト開発・ITソリューション(課題解決)みたいだね。 情報サービスなんかにも注力しているよ。

アラフィフ父
アラフィフ父

「NEC」(日本電気)からの請負が多く、この種の業界では老舗企業だね。

恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

ということは…

アラフィフ父が子供の頃に買ってもらったパソコン「PCー6001MKⅡ」が現役の頃にはすでに事業展開してるって事か?!

アラフィフ父
アラフィフ父

そのパソコンの名前は平成世代以降は知らないと思うけどね…(^^;)
というわけで早速「NCS&A」の銘柄検討&分析していくよ~!

◎ 結論・アラフィフ父の銘柄検討結果は?

アラフィフ父の銘柄検討結果

アラフィフ父
アラフィフ父

アラフィフ父の「NCS&A」銘柄検討結果はこんな感じ

財務の健全性 (評価点 3点)
直近の業績 (評価点 4点)
業績の成長性 (評価点 3点)
業績の安定性 (評価点 4点)
株主還元 (評価点 3点)
恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

財務の方は時価総額が小さい小型株ということで評価点を☆3にしているけど、自己資本比率は50%以上と健全体質だね。※自己資本比率のグラフは後述

マネックス証券

アラフィフ父の銘柄分析

アラフィフ父
アラフィフ父

「NCS&A」ってどんな会社…?

「NCS&A」ITサービスに特化した事業で収益をあげており、単一セグメントですが以下の多様な事業展開をしています。

☆ 自社製品(ソフトなど)を用いた問題解決サービス
☆ システム設計・開発から運用・保守までの一貫事業
☆ コンピューター機器、パッケージソフトウェア販売
☆ 大手顧客からのシステムの受託開発

アラフィフ父
アラフィフ父

企業向けはもちろん、官庁・自治体・病院などインフラ分野へのシステムサービスも提供しているね。

恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

具体的には「確定申告支援システム」や、製造業向けの「生産・管理システム」などが堅調に売上を伸ばしているみたいだね。

アラフィフ父
アラフィフ父

経済産業省が警笛を鳴らす「2025年の崖」問題にもどう対応していくのか? という点でも、今後が気になる企業様だね。

恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

「2025年の崖」問題現在のITシステムの老朽化が、今後のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進の妨げになるって言われてるやつだね。 (ーー;)

アラフィフ父
アラフィフ父

財務の健全性は…? 

現在の自己資本比率は57.2%。有利子負債0%と堅実財務です。
※自己資本比率と有利子負債比率のグラフは後述

アラフィフ父
アラフィフ父

2018年3月期の不採算プロジェクトで減損損失が発生。

自己資本比率は一時期は減少したものの、ここ数年で回復傾向だね。

恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

新型コロナウィルスの影響も少なかったみたい。

2019年3月期以降は純資産、利益剰余金も堅調に伸ばしてきているね。

※ 純資産…資産から負債を抜いたもの(返済義務のない自己資本のこと)
(資産 = 負債 + 純資産)

資産の部



 資産


負債の部


負債

純資産

※ 利益剰余金純資産から資本金・資本剰余金・自己株式を抜いたもの。
  企業成長や株主への配当の為の資金。
  利益剰余金が多ければ、安定性な高い企業といえるが、
  反対に少なければ経営状況が厳しい企業と判断される。

SBI証券
アラフィフ父
アラフィフ父

直近の業績は…? 

2023年3月期の連結業績は前期比で売上高は減収も、営業利益・純利益は増益(過去最高)でした。※2023年3月期連結業績は後述

アラフィフ父
アラフィフ父

売上高は微減も、純利益は前期の”減損損失や事務所移転費用”の影響もあり+約30%以上と大幅増だったね。

恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

決算短信では売上総利益率(※▲1)の改善により利益面が増加したとしているね。

アラフィフ父
アラフィフ父

営業利益率(※▲2)もここ数年で大幅にアップ! 

業績の好調の鍵はココにあるみたいだね。

※ 売上総利益…売上高から売上原価(原材料・仕入れ費用など)を差し引いた利益。「粗利」とも呼ばれる。 売上総利益率はその割合。

売上利益率は原材料費が発生しないサービス業は高くなる傾向にある。

※ 営業利益…売上総利益から販売管理費(販売手数料、人件費、家賃、保険料など)を差し引いた利益。 営業利益率はその割合。

営業利益率は手元に残る現金の割合となるので、高ければ多くの利益をあげているということになる。

アラフィフ父
アラフィフ父

業績の成長性は…? 

直近の課題は前述した「2025年の崖」問題の対応。
並行して2022年下期からすすめている社内スタートアップ制度による新事業の芽を創出する活動を行っています。

アラフィフ父
アラフィフ父

2023年3月期の決算説明資料において…

「2025年の崖」問題に関しては、すでに開発・施行されているシステム資産可視化ツール「REVERSE PLANET」が老朽化システムからの脱却に貢献としているみたいだね。

※引用画像 © NCS&A CO., LTD.
恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

社内スタートアップ制度からは次々と新事業が立ち上がっており、成長投資の方も万全のようだね。

※引用画像 © NCS&A CO., LTD
アラフィフ父
アラフィフ父

業績の安定性は…? 

直近5年のROEは約7~12%と10年程前から比較すると大幅に改善。
また2023年決算説明資料において「プロジェクト損失の防止」も推進するとしており、リスク回避にも注力しています。

アラフィフ父
アラフィフ父

前述した2018年3月期の不採算プロジェクトでの赤字以降から収益は大きく改善されており、ここが転換期だったようだね。

恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

プロジェクト失敗での教訓を生かし対策面も強化。

財務の安定を堅持する姿勢が受け取れるね。

※  ROE<自己資本利益率>(%)…自己資本に対して何%程度の利益を上げることができたのかを示した数値

株主が出した資本がどれだけ効率的に使われているかを表しています

ROEの目安は一般的に10%といわれており、20%を越えると優良企業と評価されます

ROEの計算式は <当期純利益÷自己資本x100>

アラフィフ父
アラフィフ父

株主還元は…? 

2023年3月期の決算説明資料においての配当政策を以下としています。

◇ 配当金は連結配当性向35%以上を目標。
◇ 自己株式の取得についても株主に対する有効な利益還元と考え、財務状況を考慮しながら適切に対応。
(要約)

アラフィフ父
アラフィフ父

直近5年の配当性向は約33~39%とほぼ配当政策通りに推移しているよ。

自社株買いにも積極的な印象だね。

恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

だけど配当金の方は業績の応じての還元でブレブレ。

増配と減配を繰り返しており安定感は微妙…
※年間配当金と配当性向のグラフは後述

※参照データ IR BANK・(c) NCS&A Co., Ltd.  

◎ 『NCS&A(株)<9709>』・企業データ情報

アラフィフ父
アラフィフ父

「NCS&A」の創業は1961年。

「日本システム・マシン(株)」の電子計算部が前身だよ。

恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

翌年の1962年には「日本電気(株)<NEC>」と契約。
同社のシステム販売、サービス業を開始しているね。

アラフィフ父
アラフィフ父

現本社は大阪。 1989年に大阪証券取引所第二部に上場。
2013年に東京証券取引所第二部(現スタンダード)に上場。

恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

2014年に「(株)アクセス」と合併した際に、現商号の「NCS&A(株)」に変更しているね。

アラフィフ父
アラフィフ父

2017年には「日本IBM」とのパートナーシップも!
日本のパソコンの創生期からIT事業を支えてきた企業様だね。

株探プレミアム

〇 株価・他情報(2023.7.26.現在)

アラフィフ父
アラフィフ父

配当利回り4%以上と高配当。PERは割安感もPERは約1倍とジャスト評価。

株価配当利回り1株配当(年間)
6804.12%28円
PER(株価収益率)※(△1)PBR(株価純資産倍率)※(△2)配当権利確定月
9.93倍1.03倍3月末日、9月末日
恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

配当金の支払いは期末配当のみで28円。中間配当は0円となっているよ。

(△1)PER(倍)…株価がEPS(1株あたり利益)の何倍の価値かを示す値。業種にもよるが15倍以下は割安銘柄とされる
PERの計算式は <株価 ÷ EPS(1株あたり利益)>

(△2)PBR(倍)…株価がBPS(1株あたり純資産)の何倍の価値かを示す値。業種にもよるが1倍以下は割安銘柄とされる
PBRの計算式は <株価 ÷BPS (1株あたり純資産)>

〇 株価チャート(2014年~2023年)

アラフィフ父
アラフィフ父

この10年の株価は上下を繰り返しながらも、緩やかに上昇傾向。

〇 自己資本比率 (2014年~2023年)

アラフィフ父
アラフィフ父

2018年3月期のプロジェクト損失で減少はしたものの回復。

50%以上を維持しており自己資本は問題なさそうです。

※自己資本比率(%)…会社の全ての資本(総資産)は「自己資本」と「他人資本」で成り立つが、そのうちの自己資本が占める割合を示す

自己資本比率が高いほど好財務と判断され、一般的に40%以上だと倒産しにくい企業といわれています

自己資本比率の計算式は <自己資本÷総資産x100>

〇 有利子負債比率 (2014年~2023年)

アラフィフ父
アラフィフ父

現在は有利子負債なし。借金しなくても投資に回せる余力がある財務です。

有利子負債比率(%)…自己資本に占める有利子負債(利息をつけて返済する借入金など)の比率のこと。

有利子負債比率が低いほど財務は安全性は高いが、企業成長の為の設備投資などで借入を行う企業もあり、一概に有利子負債比率が低ければ良いというものでもない。

経営を維持するための有利子負債比率平均は約80%程度と言われる。

有利子負債比率の計算式は <有利子負債÷自己資本x100>

オカネコ

〇 EPS<1株純利益>(2014年~2023年)

アラフィフ父
アラフィフ父

2019年3月期を機に大きく増加しています。

EPS(円)…1株あたりの利益。値が大きいほど収益が高いことを示す。
EPSの計算式は <当期純利益 ÷ 発行済株数>

〇 年間配当金&配当性向(2014年~2023年

アラフィフ父
アラフィフ父

直近5年の配当性向は30%台を推移しています。

配当性向(%)…税引後利益である当期純利益から、配当金の支払いに割当てたかを示す指標。

配当性向が高ければ株主への配当金は多くなり、低ければ少なくなります

ですが、配当性向が高すぎると、企業に残る資産は少なくなり、設備投資、研究開発などの成長投資に資金を回せなくなり、企業成長の期待は低くなります

配当性向の計算式は <配当支払総額÷当期純利益x100>
または…      <1株あたり配当金÷1株あたり利益(EPS)X100>

恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

配当性向を基準としているからかな? 

業績に応じての還元となっているようなので、配当金は安定した金額をいただける…とはいかないみたい。  (ーー;)

〇 株主優待

アラフィフ父
アラフィフ父

株主優待はありません

※参照データ IR BANK・yahoo!ファイナンス

◎ 直近の業績と業績予想

2023年3月期連結業績(2022年4月1日~2023年3月31日)

アラフィフ父
アラフィフ父

前述したように、前期比で売上高は減収も、利益率アップで営業利益・経常利益とも増益だったよ。

売上高営業利益経常利益純(最終)利益
2022年3月期204.58億円12.97億円14.08億円 9.78億円
2023年3月期193.85億円15.4億円16.17億円12.73億円
前期比(%)-5.2%+18.8%+14.8%+30.1%
恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

純利益も大幅増だったけど、特別損失などがあった前期からの比較なので数字だけの過信は禁物かな…

2024年3月期通期連結業績予想(2023年4月1日~2024年3月31日)

アラフィフ父
アラフィフ父

2024年3月期連結業績予想は前期比でほぼ横ばいという感じだね。

売上高営業利益経常利益純(最終)利益
2023年3月期193.85億円15.4億円16.17億円12.73億円
2024年3月期
(予想)
195.00億円15.6億円16.2億円11.00億円
前期比(%)+0.6%+1.2%+0.2%-13.6%
恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

純利益は減益予想

理由は分からなかったけど、大幅増だった前期を鑑みてのことかな?

※参照データ kabutan・   (c) NCS&A Co., Ltd. 

◎ まとめ

アラフィフ父
アラフィフ父

今回紹介した「NCS&A」の銘柄検討&分析はどうだった?

恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

ここ数年での営業利益率の上昇は評価できるね。

10年前の利益率とは雲泥の差だよ。

アラフィフ父
アラフィフ父

それに伴ってEPSやROEも上昇しているね。
転機になったのは、やはり2018年のプロジェクト損失かな?

恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

確かに2018年3月期の赤字以降から利益を大幅にアップさせているしね。
失敗からすぐに軌道修正できているのは素晴らしい!

アラフィフ父
アラフィフ父

株主還元に関しては業績が好調なら問題ないと思うけど…不調ならアッサリ減配という可能性は無きにしも非ずかな。

株探プレミアム
恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

時価総額が小さいのでM&Aの脅威なんかも、ちょっと気になる点ではあるね。

アラフィフ父
アラフィフ父

そうだね。
アラフィフ父の超絶弱小ブログでの株価の影響は絶対にないと思うけど…。
時価総額の小さい企業を初回する時はちょっと心配。(^^;)

恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

いや、絶対ないでしょ! ( `ー´)ノ

みんなは今回紹介した「NCS&A」の評価はどうだったかな? 

よければコメント欄からコメントしてみてね!

アラフィフ父
アラフィフ父

高配当株での「配当金」に興味がある初心者の方「マネックス証券」「SBI証券」のネット証券口座での開設を検討してみるといいよ!

恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

マイナンバーカードや運転免許証があれば、スマホから簡単に口座開設できるし、1株単位から買付が可能なので、少額から株式投資をスタートできるしね。

アラフィフ父
アラフィフ父

ネット音痴だったアラフィフ父も3年前に口座開設!

見よう見まねで始めた高配当株投資で、昨年(2022年)は税引後(手取り)総額で約29万円の配当金収入を手にしたよ。

恐竜タイフーン
恐竜タイフーン

老後資金対策として、今から始めて遅くない高配当株投資。
キャンペーンも随時開催しているみたい。興味がある方は下記バナーから詳細を一度チェックしてみるといいね!

マネックス証券 SBI証券

今回はここまで! 最後までお読みいただきありがとうございました
(※上記記事は個人の見解です。利益・情報の正確性を保証するものではありません。
株式投資は自己責任でお願い致します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA