このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています

『蔵王産業(株)<9986>』増配発表で株価上昇。3年後の70周年までは年間100円の安定配当へ!

2023年3月14日に蔵王産業<9986>が「配当方針の変更と期末配当予想の修正」を発表!

3年後の設立70周年までは年間配当100円(78円→100円の22円の増配)の安定配当に変更とのことで、株価は1900後半から一時は2300前半まで急上昇しております

業務用の環境クリーニング機器の輸入・販売をメイン事業とし好業績を続ける蔵王産業

自己資本比率も80%を超えており財務も堅実ということで、もはや死角なし銘柄?

◎ 結論 (アラフィフ父さん的買付検討余地)

蔵王産業はビルメンテナンス業、製造業への清掃・洗浄機器の輸入販売を中核事業としており、環境クリーニング機器の卸売に特化した事業で好業績

※出典  蔵王産業 株式会社 

私が株式投資を始めた2020年頃からも、すでに優良高配当銘柄として注目されていました

増配発表前の配当利回りが約3.9%。発表後は株価は上がったものの現在の利回りは約4.2%

総資産・純資産も着実に増加。自己資本比率80%以上を維持、有利子負債なしと財務健全

EPS(1株利益)も伸ばしており、営業利益率も約14%と卸売業としては高水準

3年後に迎える70周年以降も着実に安定した業績を続けてくれると考えるなら、いつ買付してもよい銘柄だと思います

アラフィフ父さんも増配発表前に12株買付しており、発表後に38株を追加で買付

現在トータル50株保有で平均所得単価は2,145…

2年前に買付していればな~…と後悔先に立たずです (T_T)

◎ 蔵王産業(株)<9986>

〇 株価&etc.,(2023.3.24.現在)

株価配当利回り1株配当(年間)PER(株価収益率)
2,2834.38%100円11.38倍
EPS(1株利益)自己資本比率配当権利確定月
200.67円85.5%3月末・9月末

・株価チャート

※ 蔵王産業<9986> 10年チャート
※引用画像 yahoo!ファイナンス

・株主優待

株主優待はありません

※ 参照 yahoo!ファイナンス・IR BANK

〇 企業分析

業務用(主にビルメンテナンス業・製造業への)清掃機器・資材などの輸入販売商社

クリーニング機器のノウハウを生かし現場での機器導入メリットの提案営業も手掛ける

北海道から鹿児島までの20箇所に営業所拠点を持ち、清掃に関する物品の輸入・製造で国内販売を展開

コンシューマー(個人・家庭)向けの商品販売にも注力。高圧洗浄機『ヴィットリオ』は主力商品

直近の2023年1月31日に発表された2023年3月期(第3四半期)の決算短信は、前年同期比で売上高+10.8%の約71億円、経常利益+11.6%の約10億円の増収増益

2023年3月期(通期)予想は売上高+5.4%の約94億円、経常利益+3.7%の約13億円

前述したように総資産・純資産は右肩上がり、自己資本比率80%以上、有利子負債なし。利益剰余金も大幅な減少が無く財務安定企業

配当金に関しては配当性向40%目安を変更するとし、今後3年間は安定配当100円へ。業績によっては特別配当の実施も検討していると発表している

※ 参照 蔵王産業 HP

◎ まとめ

以前のポートフォリオ構成記事で「卸売業セクター」の1銘柄としても紹介した蔵王産業

焦らずに3月末権利確定が過ぎた後の株価の下落を見据えた買付でも充分に魅力的な銘柄です

唯一の懸念点は、海外事業規模は小さいようで、今後の経済成長率の減少が見込まれる国内事業展開が中心な事ぐらいですかね

蔵王産業のような『時価総額は小さいが、財務優良で配当利回りの高い「中・小型株」』を分散してポートフォリオの一角として組み込むことで、安定的な配当金を得ることが高配当株の魅力です

「日本高配当株投資を始めてみたい!」と思った方は、まずは証券口座を開設しましょう

お勧めのネット証券会社は「マネックス証券」「SBI証券」です

どちらの証券会社も1株からの少額購入ができ、マイナンバーカードがあればスマートフォンから簡単に口座開設できます

口座開設キャンペーンなども随時開催しているようなので下記バナーからチェックしてみて下さいね

マネックス証券 SBI証券

今回はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました(※上記記事は個人の見解です。株式投資は自己責任でお願い致します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA