このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています

築地銀だこ『(株)ホットランド<3196>』  妻の夢?を叶えるために…優待食事券目当ての買付検討してみた!

我が家は月に1度、妻と資産状況を共有するための秘密会議?を行っており…

議題の1つに「やりたいことリスト」をお互いに言い合うのだが、妻のリストの1つに…『たこ焼きを死ぬほど食べたい!』という謎の願望が…

たこ焼きといえば「築地銀だこ」というわけで、

今回は『(株)ホットランド<3196>』の株主優待食事券目当ての買付はアリなのか?  検討してみました~ 

◎ 結論 (アラフィフ父さん的買付検討余地は?)

※ 出典 築地銀だこ

「築地銀だこ」を主軸にチェーン展開をしている『(株)ホットランド』

他に、薄皮たい焼き店の「銀のあん」、2016年に子会社化したアイスクリーム専門店「COLD STONE CREAMERY」を事業展開

またグループ会社として、酒場系の業態「銀だこハイボール酒場」などを運営する(株)ALWAYS。 主食業態事業の「油そば」・「野郎めし」などを運営する(株)ホットランドネクステージが事業展開

コロナが流行した2020年12月通期は純損失11.4億円の赤字だったものの、2021年12月通期は純利益20.8億円、2022年12月通期の純利益は13.6億円と黒字転換

自己資本比率も着実に上げており2022年12月期で46.2%。有利子負債比率も外食産業としては低い水準の47.7%としており財務は悪くないですね

現在の1株配当を7円としており、配当利回りは0.48%。 100株保有で年間3,000円の食事優待券がありますので優待金額を合わせた利回りは…

<優待金額>3,000円÷100株 + <年間配当>7円 = <1株配当>37円

<1株配当>37円 ÷ <株価>1,473円 ⅹ 100 = <配当利回り>2.51%

優待食事券を合わせても利回り2.51%という結果に… 高配当というには物足りない利回りです

さらに赤字期は無配だったこともあり、株主還元をもう少し充実させて欲しいところです

というわけで、今回の買付は見送り

妻の夢はPAYPAYクーポンでも利用して叶えてやりますかな…(もうちょっとハイグレードな夢かなえられますよ奥様…(^-^; )

◎(株)ホットランド<3196>

〇 株価&etc.,(2023.4.1.現在)

株価配当利回り1株配当(年間)PER(株価収益率)
1,4730.48%7円49.07倍
EPS(1株利益)自己資本比率配当権利確定月
30.02円46.2%12月末・6月末

・株価チャート  (株)ホットランド<3196> 10年チャート

※引用画像 yahoo!ファイナンス

・株主優待 (権利確定12月末日・6月末日)

100株以上1,500円分の食事優待券<2回>(年間3,000円)
500株以上7,500円分の食事優待券<2回>(年間15,000円)
1,000株以上15,000円分の食事優待券<2回>(年間30,000円)

食事優待券の発送は3月・9月

※ 参照 yahoo!ファイナンス・IR BANK

〇 企業分析

1991年設立。1997年に群馬県のアピタ笠懸店に「築地銀だこ」1号店オープン

「築地銀だこ」を中心に海外展開、M&Aを推し進め事業拡大に成功。 現在は国内に600店舗以上、アメリカ、中国、台湾を中心に海外へ60店舗以上を出店中

新型コロナウイルス影響で大きく落ち込んだ業績は、コロナ以前の2019年水準まで回復しており、財務キャシュフローもこの2年で着実に返済している

PER(株価収益率)は49.07倍と割高。 前述したように自己資本比率46.2%、有利子負債比率47.7%と飲食業としては優良財務

※ 引用画像 IR BANK
※ 引用画像 IR BANK

2023~2027年の中期計画として、主軸の「築地銀だこ」は原材料の高騰に対応する価格改定、デリバリーサービスの強化、ロードサイド店の出店に取り組む

またグループ会社で酒場業態の「ALWAYS」、主食業態の「ホットランドネクステージ」のマーケットの拡大成長を目指すとしている

※出典  HotLand Co.,Ltd. 

2027年に「営業利益50億円、店舗数1,000店舗」の目標を掲げており、株主還元は「株主の皆様により還元できるよう尽力する」としていますが、具体的な数字は出されていないようです

◎ まとめ

新型コロナウイルスの影響から約2年で業績を回復しており、飲食業としては好財務な「(株)ホットランド<3196>」

コロナ規制解除は好材料だが、「原材料の高騰」・「光熱費、人件費の上昇」・「円安の進行」など今後はマイナス材料も多く…

2023年12月期通期予想の当期純利益を6億5千万円とし、前期比の約半分のマイナス52%の減益を予想しています

具体的な株主還元の数字や案も出てないようですので、これ以上の株主還元の期待は薄いようですね

アイスクリーム専門店「COLD STONE CREAMERY」のECサイトなんかは好調のようですので、自社商品での優待でもあったら買付検討の余地もあったかな~

ですが『総資産、純資産は右肩上がり』・『主軸商品の「たこ焼き」を中心に「海外事業」・「他業態の飲食店」にも精力的に拡大進出を狙う経営戦略ビジョンを持っている』

このような「強固な資産」・「今後の企業業績の見通しが明るい」といった企業の安定・成長を確信するのであれば…

買付けして株主優待食事券の還元を受けつつ将来の株価上昇と株主還元の拡充を期待して保有し続けてみるのも面白いと思います

利回りだのなんだかんだ言っても…株主優待が届いた瞬間はテンションMAXですからね

私も株主優待は日本高配当株の楽しみの一つにしてます

(※「築地銀だこ」でもクロワッサンたい焼き買えます  ^^) _旦~~ )

高配当株投資や株主優待に興味がある方は、まずは証券口座を開設しましょう

お勧めのネット証券口座は『マネックス証券』『SBI証券』です

どちらの証券会社も1株単位からの買付が可能で少額から始められます

「マイナンバーカード」と「運転免許証」があれば、スマートフォンから簡単に開設することができますし、口座開設キャンペーンなども随時開催しているようなので下記バナーからチェックしてみて下さいね

マネックス証券 株主優待 SBI証券

今回はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました(※上記記事は個人の見解です。株式投資は自己責任でお願い致します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA