このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています

テレビはオワコン!?『日本テレビHD(株)<9404>』・『(株)フジ・メディアHD<4676>』は高配当株として検討余地あり?

テレビ関連の株価が軒並み下落中ということで、視聴率首位の 日本テレビHD(株)と視聴率奪還を目指す フジ・メディアHD(株)の2銘柄が高配当株として私的には合格点の利回り3.5%前後を推移しております

インターネットに需要を取られ斜陽産業と言われるテレビ業界は株価の低い今が買い時なのか? 

アラフィフ父さんの幼少期はテレビと言えば家族団欒。いや、チャンネルの奪い合いをするほどの娯楽だったのだが…

◎ 日本テレビHD(株)<9404>

〇 企業情報

・1952年創立 日本初のテレビ放送免許獲得

・読売グループ。テレビ事業のパイオニア企業

・グループの中核事業は地上波放送局の日本テレビ、衛星放送局のBS日テレなど

・2014年 定額動画配信事業(SVOD)のhuluを開始。スポーツクラブ事業にも参入

・12年連続『個人視聴率』三冠。全日、ゴールデン&プライムタイム3つの時間帯でトップ

(※ 日本テレビ HP & YAHOO!ファイナンス 参照)

さとふる

・株価 1,014

・配当利回り 3.65%

・1株配当 37円

・PER(株価収益率) 7.84倍

・EPS(1株純利益)129.37円

(2023.1.19.現在)

・自己資本比率 79.7%

(※IR BANK 参照)

〇 株主優待 無し

〇 企業分析

・近年の売上はほぼ横バイが続くも経常利益は減少傾向(2022年3月期は東京2020オリンピック需要で増益)

・有利子負債比率(有利子負債÷株主資本)0.3%程。自己資本比率も70%後半~80%前半と財務安定

・PER 約7.9倍と割安。 直近10年のEPSも90~150前後を推移。(2022年3月期は185.94と躍進)

・ROE(純利益÷自己資本)は分母の自己資本が大きいため3~6%と低め

・配当性向は直近10年は20~40%を推移しており無理のない株主還元

・2015年に減配(34円→30円)しているがそれ以降は維持または増配が続いている。現在は37円

◎ フジ・メディアHD(株)<4676>

〇 企業情報

・1957年(株)富士テレビジョンとして設立。1958年(株)フジテレビジョンに社名変更

・フジサンケイグループ。在京キー局としては4番目に開局

・2008年現商号フジ・メディアホールディングス(株)に変更

・中核事業の地上波テレビ局フジテレビジョン、衛星放送局のBSフジ、地上波ラジオ局の日本放送は連結子会社

・テレビ視聴率の低下、物価上昇による広告収入の減収でメディア事業は低迷中

・他の連結子会社に大手映像・音楽ソフトメーカーポニーキャニオン

・都市開発(株)サンケイビル、観光事業ホテル&リゾート(株)グランビスタも展開

※ フジ・メディアHD HP & YAHOO!ファイナンス 参照

STREAM

・株価 1,040

・配当利回り 3.85%

・1株配当 40円

・PER(株価収益率) 8.57倍

・EPS(1株純利益)121.4円

(2023.1.19.現在)

・自己資本比率 59.7%

(※IR BANK 参照)

〇 株主優待 100株以上保有 <3月末>株主優待冊子 <9月末>オリジナル手帳

〇 企業分析

・コロナウイルス巣ごもり需要後の2021年3月期から売上は減少傾向も営業利益は増加傾向

・有利子負債比率(有利子負債÷株主資本)33.6%で財務は優良

・自己資本比率も直近10年は50%台後半をキープしており安定している

・PER 約8.6倍と割安。 EPSは2021年3月期を除けば直近5年は100円以上の収益

・ROE(純利益÷自己資本)は日本テレビHDと同じく分母の自己資本が大きいため直近5年平均は約3.3%

・配当性向は業績に関わらず配当金約40円前後を還元しており直近10年は24~82%とバラつきがある

・2021年3月期に減配(44円→36円)その後40円まで戻している

◎ まとめ

他の在京キー局 (株)TBS HD<9401>(株)テレビ朝日HD<9409>(株)テレビ東京HD<9413> とも比較してみましたが、資産の規模の差はあるものの、どのテレビ局も売上、営業利益は微増か横ばい

EPSもそれなりに毎年収益をあげており、自己資本比率は約60~80%。有利子負債比率も約0~6%(フジは30%越え)と財務は健全で、今現在は非の打ち所の無い安定企業ですね

インターネットメディアに広告収入を奪われ斜陽産業と言われる昨今でも収益はあり、すぐにテレビ業界が衰退するとは考えにくいですが、長期保有を前提とする銘柄として考えると懸念は残ります

株主還元に積極的な印象もないので、業績次第ではあっさり減配なんてこともありえます

マネックス証券

ですが私のようなテレビで育ったアラフィフ世代の様に ”まだまだテレビは終わらないっ!” と考える方であれば、株価も低く割安な今のうちに少額で両銘柄保有してみる検討の余地はあると思います

2銘柄でどちらかを選べと言われたら、私なら現状では日本テレビHDを選びますかね

株式投資は自己責任でお願い致します!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

SBI証券

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA