このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています

『(株)中央倉庫<9319>』年間配当28円+株主優待クオカード1,500円分で総合利回り約4%!

最近、やたらと株価が上昇しているセクター(業種)の「倉庫・運輸関連業」
調べてみると…大手商社から中小企業まで、多くの銘柄が存在するカオス状況

その中で、アラフィフ父好みの銘柄発見!今回の紹介銘柄はコチラ!
『(株)中央倉庫<9319>』です

関西基盤で内陸の総合物流上位。配当利回りは約2.6%と高配当銘柄ではありませんが…
100株保有で株主優待のクオカードが年間合計¥1,500貰えちゃう!

景気変動に強く、需要も安定していると言われる「倉庫・運輸関連業」

アラフィフ父が”独断と偏見”で注目した…
「(株)中央倉庫」の買付検討余地やいかに  (^^;)

◎ 結論・アラフィフ父の買付検討余地は?

他の「倉庫・運輸関連業」も検討しましたが、以下の理由で除外

☆ 商社系の「三井倉庫HD(株)<9302>」「住友倉庫(株)<9303>」

利回り4%以上と魅力だが、直近の配当の増額がコロナ特需の商船株と被るところがあり、今後も安定した配当金を維持し続けるかは疑問?…というわけで除外に

☆ 直近のストップ高銘柄「(株)杉村倉庫<9307>」「(株)大運<9363>」

大阪カジノIRの建設予定地とされる、大阪市の夢洲の近辺に事業拠点を置く倉庫業者に、資金が流入するのでは? というポジティブ要素からの買いが先行

株価の上昇(キャピタルゲイン)狙いなら面白いかもしれませんが…
アラフィフ父的には株主還元の低さと、営業利益の不安定さから除外に

結果、財務の健全性と、営業利益・配当金の安定感から…

☆ 「(株)中央倉庫<9319>」を選定!

「営業利益」・「純利益」ほぼ右肩上がり。自己資本率は若干下げているも75%以上

現在の配当利回りは約2.6%と高配当とは言えませんが、年間配当金28円と株主優待のクオカード年間1,500円を加えた総合配当利回りは約4%

というわけで、アラフィフ父独断の合格ラインに届いた、コチラの銘柄を紹介!

ちなみに次点はコチラ

☆ 「安田倉庫(株)<9324>」

中央倉庫と提携する首都圏基盤の準大手

配当利回り約2.4%。年間配当金25円と100株保有で株主優待お米券2kgs

※出典 © YASUDA LOGISTICS CORPORATION .

2023年3月期連結業績予想を営業利益・純利益ともに前年同期比でマイナス予想
自己資本比率も減少傾向という理由で…今回は見送りです

「(株)中央倉庫」の現在の株価は1,072円(2023.4.20.現在)

直近の配当利回りは約2.6%年間配当金28円
優待のクオカード<年間1,500円分>を足した利回りは
28円+(1,500円÷100株)÷1,072円X100=約4.01%

配当金の方は直近10年で一度減配していますが、ここ2年は連続増配
直近の2023年2月の発表では配当金27円→28円に増額修正

2023年3月期の連結業績予想は「営業利益」・「経常利益」・「純利益」ともに、
前期を上回る好業績予想

前述しておりますように、総資産・純資産もほぼ右肩上がり
自己資本比率75%以上、有利子負債比率13%と財務は良好です

アラフィフ父の見解は…

安定的な需要のある内陸物流に強みのある「中央倉庫」は…
今後の業績維持の可能性は高いと考える反面… 

新型コロナウィルス特需の物流業界の過熱感は収束気味… (ーー;)

ですが、好財務で物流トップクラスの実績。用地取得・倉庫建築などの投資にも積極的

今後、予想される市場競争にも勝ち残るとみれば、買付検討の余地はあると思います

利回りは約2.6%ですが、クオカードとの総合利回りで考えるなら、魅力的還元率です

アラフィフ父的には、もう少し様子を見て…買付検討するかな?~という感じです (^^;)
(次回の中間配当権利は2023年9月末)

◎ (株)中央倉庫<9319>

〇 株価・他情報(2023.4.20.現在)

・株価・他情報

株価配当利回り1株配当(年間)EPS(1株利益)
1,0722.61%28円84.31円
PER(株価収益率)PBR(株価純資産倍率)配当権利確定月
12.71倍0.48倍3月末、9月末

・株価チャート 

(株)中央倉庫<9319> 10年チャート

※出典 yahoo!ファイナンス

・株主優待 

クオカード (権利確定 3月末日・9月末日)<年2回>

100株以上1,000円分 (3月末日権利確定)
 500円分(9月末日権利確定)
1,000株以上2,000円分(3月末日権利確定)
1,000円分(9月末日権利確定)
5,000株以上5,000円分(3月末日権利確定)
3,000円分(9月末日権利確定)

(※参照資料 yahoo!ファイナンス・IR BANK)

〇 企業分析

近畿地区を主軸に、関東から九州エリアまで全国8拠点、海外1拠点(上海)の独自ネットワークで物流システムを展開

中核の「倉庫」事業を中心に「運輸」・「国際貨物」・「ビジネスサポート」事業展開

連結子会社に、以下の3社
・運送事業の「中倉陸運(株)」
・荷役作業事業の「中央倉庫ワークス(株)」
・梱包事業の「(株)テスパック」

対象期間<2022年度~2024年度>の第7次中期経営計画「Let’s TRY!2024」を推進
(以下、資料参照)

※出典 ©CHUO WAREHOUSE Co.,Ltd.

自己資本比率76.9%、有利子負債比率13.15%と財務は安定

※出典 IR BANK.
※出典 IR BANK

PER(株価収益率)は12.6倍と割安感があります

2023年3月期通期(2022年4/1~2023年3/31)の連結業績予想を
営業収益 257.0億円  前年同期比 7.4%増
営業利益 22.0億円   前年同期比 17.8%増
経常利益 24.3億円   前年同期比 16.8%増
増収増益を予想

いずれも、ほぼ右肩上がりに推移しています

※出典 IR BANK
※出典 IR BANK
※出典 IR BANK

株主還元方針(以下、資料参照)

※出典 ©CHUO WAREHOUSE Co.,Ltd

業績目標達成による増配を目指すとしており、株主還元には積極的な印象です

(※参照資料 kabutan・IR BANK・©CHUO WAREHOUSE Co.,Ltd)

◎ まとめ

コロナ規制の緩和が、今後の物流にどう影響するかは不透明
しかし「倉庫・物流業」は、もはや我々の生活には無くてはならない事業形態

大きな営業利益は利益は見込めないが、収益の安定性は高い

用地取得・倉庫建築・拠点展開などの積極的な投資で事業拡大による将来性もあり

「業績目標の達成による増配の実現に向け努力していく」と株主還元にも積極的

人口減少によるドライバー不足、人件費・燃料費の上昇などの懸念点はあるが…

今後の好業績・増配を期待するのであれば、買付して長期保有しても面白い銘柄です

個別株での「倉庫・運輸関連業」買付に悩むなら「物流特化型REIT」の選択肢も!

・SOSiLA物流リート投資法人<2979>
・CREロジスティクスファンド投資法人<3487>
・アドバンス・ロジスティクス投資法人<3493>

※参照 Jリートview 東京証券取引所

上記の上場不動産投資信託は、現在の分配利回り約4%程で、直近の株価は下落傾向

アラフィフ父も分散投資の一角として「物流特化型REIT」は買付を検討中です

高配当株や株主優待に興味がある方は…

まずは「マネックス証券」、または「SBI証券」のネット証券口座開設をおすすめします!

1株単位から買付が可能で、少額からでもスタートでき、しかもマイナンバーカードや運転免許証を持っていれば、スマホから簡単に口座開設できますよ

キャンペーンなども随時開催中なので、下記のバナーから詳細をチェックしてみてくださいね

マネックス証券 株主優待 SBI証券

今回はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました
(※上記記事は個人の見解です。株式投資は自己責任でお願い致します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA